人生の中で大きなイベント別!お金の備え方

>

お金が必要になるタイミングとは

500万円近い金額

結婚する場合は、結納から両家の顔合わせ、結婚式や披露宴、さらに新婚旅行まで合計すると500万円ほどの資金が必要になることがあります。
様々なライフイベントの中でも特に高額になりやすいので、結婚したいと思っている人は、常に貯金を意識して生活することをおすすめします。

最近は結婚式を挙げずに、写真だけ撮影するカップルも見られます。
通常は100万円から200万円ほど掛かる費用を、数万円で済ませることができます。
さらにたくさんのゲストを招待せず、本当に親しい友人や親戚だけで結婚式を挙げるスタイルも人気があります。
ゲストの人数が減るとそれだけ費用も安く済むので、予算が少ない人は小規模な結婚式を目指しましょう。

無駄遣いを避けよう

将来のライフイベントのために貯金するなら、日頃から余計なものを買わないように意識しましょう。
本当に必要なものだけ買っていれば、出費を抑えることができます。
そもそも、買い物に行く頻度を減らすのも良い方法です。
用もないのに買い物に行くと、見ているだけで欲しくなって、つい買ってしまう人が見られます。

それが余計な出費に繋がるので、気を付けましょう。
外出先やネットでは衝動買いを控えてください。
その場の雰囲気や、感情に任せて商品を購入してはいけません。
欲しくても、一旦考えることをおすすめします。
時間を掛けて吟味することで、よく考えるといらないと気づくかもしれません。
冷静に必要なものを見極めることが、貯金を蓄えるコツです。


この記事をシェアする

トップへ