人生の中で大きなイベント別!お金の備え方

>

どこの学校に行くのか

子供の将来を考慮しよう

幼稚園や学校に通わせる時は、まず公立か私立を利用するかを考えてください。
基本的に私立は費用が高くなるので、自分たちの収入で子供を私立の学校に通わせることができるのか、かかる費用を調べておきたいものです。
小学校から高校まで公立の学校に通わせた場合は、約500万円が相場になります。
ずっと私立に通わせた時は、1000万円近い金額になります。

夫婦で子供の将来について、早めに話し合うことをおすすめします。
しかし子供の意見も尊重して、進路を決めなければいけません。
子供が大きくなってから私立の学校に行きたいと言っても良いように、多めに貯金を蓄えておくことをおすすめします。
ちなみに幼稚園の費用が最も安く、小学校、中学校、高校と進むごとに必要な資金額が増えます。

大学で学びたい子供もいる

高校を卒業してから就職する子供もいれば、大学に進んでさらに勉強したいと考える子供もいるでしょう。
進学のためにも子供の学費を計画する時は高校までではなく、大学までの費用を考えてください。
大学も私立と公立があり、私立の方が高い学費になります。
今は就職するのが厳しい時代でもあり、高校を卒業しただけではなかなか採用してもらえないかもしれません。

子供が就職する時に困らないよう、大学を勧めても良いと思います。
また短期大学や、専門学校に行く道もあります。
短期大学は大学に比べて費用が安くなるので、子供が高校生ぐらいになったら、どの分野に進みたいのか親子で話し合いましょう。
お金のことは重要なので、結論が出るまで話し合いを続けていきましょう。


この記事をシェアする

トップへ